ブログ

【報告】都政カフェ:1/21小池都知事の「空手形」~どうする?!築地・豊洲・オリンピック

 1月21日、昨年7月の都議選後初めてとなる第8回都政カフェを開催しました。

 都議選で掲げた緊急課題のうちの一つ、「築地・豊洲移転問題」について、建築エコノミストの森山高至さんをゲストに迎え、主に豊洲市場の構造上の欠陥について、詳しく、そしておもしろわかりやすく解説していただきました。

 また、間違った公共事業がなぜ止まらないのか、止めるための働きかけのポイント、都庁組織との連携ができていない小池都政の問題など、具体的な見通しや他の課題にもつながるアクションのヒントも伺うことができました。

 衆議院議員の菅直人さんも駆け付け、通常国会開会を前にした国政の課題や決意などご報告いただきました。豊洲移転は市場法に基づいて農林水産大臣の認可が必要になるため、小池知事が移転の申請を出せば国会での攻防も展開されます。国会開会前日のお忙しいなかにもかかわらず、森山さんのお話しをしっかりと聞いてくださいました。

森山さんのお話のポイントは、
・豊洲の汚染問題は深刻
・でも残念ながら「安全性」は評価や価値観によって判断が異なる
 (推進派の専門家は安全と主張するし…)
・市場構造の物理的不具合は厳然と明らか!
・オリンピックに必要だという環状2号線は代替道路ができてる!
・移転はオリンピックの後に伸ばしてゆっくり考えよう
・それが現実的!   ~ということでした。

 

 ツイッターのポイントを押さえたリアルタイムレポートをまとめました(Kさん、ありがとう!)。ご覧ください。
https://twitter.com/i/moments/956328401974865920

 

*森山さんのスライドより

 

 

 

PAGE TOP