実績

2007年

  • なくそう!議員特権キャンペーンに事務局として取り組み、全国で特権見直しを一気に促進。全国都道府県議会の海外視察半減!都議会の永年勤続議員表彰も廃止へ
  • 「ワースト1」の東京都議会に改善の申し入れ
  • ワイドショー(みのもんたの朝ズバ!)にも出演

2006年

  • 衆議院厚生労働委員会
  • 母子家庭と自治体議員の立場から、児童手当と三位一体改革について意見陳述

著書など

「内部被ばく」こうすれば防げる!
放射能を21年間測り続けた女性市議からのアドバイス


監修:菅谷 昭(長野県松本市長、チェルノブイリ原発事故後5年半ベラルーシで医療活動)
発行:2012年2月10日
文藝春秋 刊

■書評 「文藝春秋」2012年3月号より
「~新刊を読む~ 先見性に、心からの敬意」
     菅谷 昭(医学博士・長野県松本市長)

 

 

脱原発のための平和学 (共著)


国際基督教大学平和研究所 編
発行:2013年9月
法律文化社 刊

詳しくは法律文化社サイトへ

 

 

資料集 市民と自治体による放射能測定と学校給食
チェルノブイリ30年とフクシマ5年の小金井市民の記録 (寄稿)


監修:大森 直樹(東京学芸大学教育実践研究支援センター准教授)
東京学芸大学教育実践研究支援センター 編
発行:2016年7月
明石書店 刊

詳しくは明石書店サイトへ

PAGE TOP